オーマイガー

最近、自転車通勤の回数が増えています。
三日坊主と後ろ指を刺されないよう
自分に負けないよう取り組んでいます。

先日、久しぶりに体重計に乗りました。
数値を確認したところ
”自己最高記録”を更新していました....。
こんな、報われない事ってあるのでしょうか...。

オーマイガー(オーマイゴッド)...。
ココロが折れそうです...。

オーマイガー と言えば
先日、お話ししました
ショベル復活計画
イロイロトラップが仕組まれておりました。


とりあえず、クラッチを修理し、
エンジンの状態を確認しようと
プラグを外しました。

IMG_1246.JPG

オーマイガー!!
プラグが前後で違います
そんな事って...。

後ろはショベルの標準
前はおそらくパンヘッド用ではなかろうか...

このバイクは、新規のフルカスタムバイクとして
新たに組み上げたモノを購入したと聞いていましたが...?

ビックリしてオーナーに連絡、確認しました。
そしたら...
知ってました!!
ウキウキでバイクを受け取りに行った
納車の日に、
”このバイクは前後でプラグが違うので
2種類のプラグを予備で持っておくように” と
説明されたとの事....
そんな事って....。

現状渡しの中古車を買ったのではないのですよ
新規で組み上げたフルカスタムバイクです。

エンジン持込とかでもありません...。

元ハーレーのメカニックであったこのオーナーは
カスタムバイクの納車に浮かれ
こんなハチャメチャな説明を
受け入れて帰って来てしまったとの事...。

元メカニック...
浮かれすぎじゃない....。



IMG_1446.JPG

チェックしてみると
シリンダヘッドのネジ山を修正した形跡があるのですが
ネジ山がやたら少ない...
アルミが劣化して崩落してしまったのでしょうか...?
こういった場合はアルミを肉盛りして
ネジ山を切りなおすなどの処置をされるべきだと思うのですが...。

現実逃避な修理をされたようです...。

オーマイガー...。

きちんと修理して欲しいとの事だったので
とりあえず
シリンダヘッドを取り外します

IMG_1444.JPG
ここで一言

オーマイガー!!

ご覧のように
ショベルエンジンはシリンダヘッド側からスタッドが出ており
ロッカーカバーはスタッドに刺してボルト締め
という構造になっております
写真ではもうすでに
取り外されていますが
何故かロッカーカバーが全然外れない
途中まで抜けるが 途中から抜けない...。

外して判明

写真右側の一本ポツンのスタッドに注目
根元になんか盛られてます

このスタッド達はネジ状になっておりシリンダヘッド側にねじ込まれて
いるのですが
どうやら、ヘッド側のネジ山がバカになってしまったので
何かをモリモリしてスタッドを固定した模様
夢ではない...。

本来なら、盛って⇒成形⇒穴あけ⇒ネジ山立てる⇒スタッドネジ込む
という流れですが

スタッド刺す⇒アルミ溶かす⇒スタッド抜けないからOK!!

みたいな事をやってくれたようです...。
これではスタッドも外せない


何故、ロッカーカバーが抜けなかったか....

IMG_1445.JPG

オーマイガー
センターポジションの彼が主役です。
ピサの斜塔状態? センター 斜に構える的な....。

9本の長いスタッドに沿って取付る訳ですから
傾いていると
きちんと入らないし、抜けません。
入らないし抜けないはずのモノが
何故、入っている...
どうなるか....

IMG_1443.JPG
オーマイガー!!

割れます。

悲しいトラップオンパレードです。

そっ閉じして
もう、買い替えた方がイイんじゃないと
言ってやったほうがいい気もしますが

そうすると
この、悪夢の様なバイクが
そのまま世に出回り

何も知らずに掴まされた人に
また、悪夢を見せてしまう事になってしまいます。

悪夢はここで終わらせましょう...。
そうです、彼はきっと生贄として選ばれたのです...。

きちんと修正、修理する事となりました...。
後ろのシリンダは今回、ノータッチですので
まだ、封印は解かれておりません...。

もう、何事もない事を祈ります...。

お店のお話

今月は
ライティングキャンペーンです。

IMG_1428.JPG
純正LEDヘッドライト
LEDウィンカーなどを
お得に購入いただけるチャンスであります。

来月に迫った増税を前に
高額商品は今月の内にご購入いただいていた方が

余計な負担減となります

是非、ご検討ください。